アメリカに来て…

アメリカに来て半月が経ちました。

住むところ、研究所など手続きは一通り済み生活にも徐々に慣れてきました

忘備録的に、来てみて思ったことを挙げてみたいと思います

・フレンドリー

はい、みなさんフレンドリーです。来る前にもそういうイメージはありましたがバス乗ってると初めましての人同士で会話が始まります。そして皆さん優しい。でも優しいにもいろんな意味があると思うんです。日本人の優しさは丁寧さ、礼儀正しさって感じですが、こっちの人はフランクに助けてくれるって感じ。目の前に困ってる人がいたら、ひょいっと助けてくれる、そんな感じです。私も来たばかりの頃は、分からないことだらけでわたわたしてたら、おばちゃんとかに、まったくあなたは…と呆れられながらたくさん助けてもらいました(笑)

・自由

とにかく自由。上にも書いたようにフレンドリーなんだけど、バスとか主張しないと乗せてくれなかったり(泣)各々好きなように生きてる。今私は研究所で研究させてもらってますが、日本の研究室と全然違う。ドクターやポスドクの人が多いっていうのもあるのかもしれないけど、論文紹介も強制じゃなくて、なんかこの論文面白いぞ、みんなに教えよ!みたいな感じで昼に集まってお互いに持ち寄った論文についてサンドイッチ食べながら議論するというスタイル。セミナーでも発表を聞き終わる前に、えここよく分かんないんだけど、って質問する。本当にこの分野を学ぶのが好きで来てるって感じがとても伝わってきます。私も食らいつけるようにがんばらないと、、!

・おおざっぱ

私が実験室入って思ったのは、汚い、でした(笑)微生物扱う所って色々混ざりこまないように机とかきれいにしとくのが普通でした。ほこりあるとやばいな、ってな感じで。でもこちらではほこりめっちゃあるし、使った器具洗わないし、試薬の量も目分量だし(量らないといけない所はきちんとしてますよ、もちろん)とてもいい加減。

 

そのほかに生活について、

アメリカに長期滞在する人にはデビットカードを作成することをおすすめします。私はバンカメ(Bank of America)で作りましたが他にも有名な銀行はいくつかあると思います。なぜこの方法にしたかというと手数料が安いから。いろいろなサイトで、これが安い~高い~とかいろいろ書いてあると思いますが、私はデビットカードが一番お得だと思いました。なぜなら2000円でゆうちょ銀行から国際送金できるからです!(ネットバンキングを設定しておく必要はあります)大体どのカードも使おうとすると手数料1%くらいとられると思うんですよ。でも例えばゆうちょから一気に100万円を送金するとします。(一度の限度額が100万円なので)すると、2000円/100万円、つまりたった0.2%の手数料でドルが手に入ることになっちゃうんです!20万円以上を一気に送金するなら断然これがお得です

基本的にアメリカの生活では現金は使いません。バスとか、くらいかな。デビットカードが使えないお店は今のところ見てません。だから、一枚作ることをお勧めします。バンカメだと24歳以下で大学とかに通ってる人は口座維持費、開設料など全てタダです!

 

SIMカードはアクティベートしておけ!

はい、これ大事です。なぜならUberが使えるから。Uberっていうのは乗り合いタクシーみたいなもので、アプリでここに行きたい!って入力すると近くにいる運転手が近くまで来て、連れてってくれます。これもデビットカードとつないでおくと勝手にお金引かれるので楽。私はSIMカードをちゃんと変えてなかったので色々大変なことになりました…それは詳しくまた書くとして、Amazonとかで1枚180円くらいでSIMカードは帰るのでぜひ出国前に買って電話番号をゲットしておきましょう!